原因を知ろう

カップのティー

子どもを出産したお母さんにとって母乳不足は深刻な悩みです。出産を経験するまで、母乳は出産すれば自然と出るようになるものと多くの人が思いがちですが、実際は全くそうではないのです。 母乳不足の原因としてよくあげられるのが「水分不足」です。母乳は水分で出来ています。その母乳は1日で約600〜800ccも出ているのです。栄養なら妊娠中にお母さんの体に皮下脂肪としてある程度蓄えているのですが、水分は蓄えることが出来ません。お母さんは毎日こまめに水分を摂取するよう心がける必要があります。ちなみに1日に必要な水分量は大体2?と言われていますから、授乳中のお母さんはそれプラス1?と考えておくと良いでしょう。 毎日水分を摂っているのに母乳が出ないという場合には、他にもお勧めの方法があります。

水分を摂っていても母乳不足が続くお母さんにお勧めしたいのが「たんぽぽコーヒー」です。たんぽぽコーヒーは母乳の出を良くすることや、母乳の質を良くする効果があります。これらの効能はタンポポの根の部分に含まれているい幾つかの苦味成分によるもので、この成分が代謝の働きを良くしてくれることで母乳の分泌が促進されます。また、血液を浄化する作用があることから、血液を原料として作られる母乳の質まで良くしてくれるのです。 たんぽぽコーヒーはノンカフェインなので、授乳中のお母さんでも安心して飲むことが出来ます。また、健康食品を扱っているお店でよく売っているので、気軽に購入することが可能です。母乳不足で悩んでいるお母さんには是非試してみてほしいです。